院長インタビュー

「本当に治したい」と患者さんに思っていただけるような、一人ひとりのリスクに合わせた説明・対応をしています。

患者さんや地域、世の中の流れに合わせた診療

お父様が開設していた医院も当時から予防の大切さを指標にしていたと聞いております。移転開業してお父様の代と比べて現在の患者さんのニーズの変化、診療傾向の変化を教えてください。

義隆院長:
虫歯や予防、歯ならびに対する意識が全体的に高まってきています。歯周病治療に関しても、マスメディアなどの影響でニーズが増えてきています。

将隆先生:
当院はバリアフリーで、車イスで入れるトイレもあります。現在、足利は高齢化率が約30%で、全国平均の25%に比べ、高齢化が進んでいる地域であるため、要介護者の方々の治療が増えています。
また、地域社会の在り方を見ていて訪問歯科のニーズ・必要性を感じます。

左から、文隆先生、義隆院長、将隆先生

患者さんのライフステージ(年齢・立場・職業)に合わせた治療・予防をどのように実践していますか?

義隆院長:
患者さんとのコミュニケーション、問診を非常に大事にしています。歯科医師だけでなく、受付や衛生士も含めた全員が一丸となって患者さんの状態が捉えられるように努めています。

将隆先生:
赤ちゃんの咬合育成やむし歯治療は、出生直後から行います。それと同時にお母さんに対するご説明もさせていただいています。もちろん、赤ちゃんだけでなくライフステージに合わせての咬合育成やむし歯治療も行っています。中高年の方は、歯周病の予防治療が主訴になります。また、咬合に関する機能回復も重要です。高齢者の方は入れ歯が主な治療ですね。都市部に比べて入れ歯の患者さんは非常に多いですから、どれだけ満足していただけるかというのを重要視しています。

歯科も全身との兼ね合いを要求される時代になりましたが、文隆先生は群馬大学の口腔外科にご勤務とのことですが、基礎疾患(高血圧症・高脂血症・糖尿病等)を抱えている患者さんの診診連携について教えてください。

文隆先生:
高齢化社会の現在、大抵の方が何らかの基礎疾患を持っています。患者さんごとの全身的な所見、薬の影響なども考慮し、口と歯だけからでなく口腔を体の中の一部として捉えることが重要です。さらに、医科との連携を強め、より安全な歯科治療に努めています。

お口の中だけでなく、患者さんの全身の健康管理に努めます。

定期的なメンテナンスが可能であれば、インプラントはおすすめ

義隆先生は日本歯周病学会の認定医であり、歯周病治療を専門とされていると聞いておりますが、興味を持たれたきっかけを教えてください。

義隆院長:
大学を卒業して勤務医になったものの、まだまだ未熟でした。当時、私が担当していた患者さんの歯周病治療が上手くいかず、結局抜歯することになってしまったケースもありました。そのような経験から、歯周病治療の難しさを痛感し、より深く勉強するようになりました。

歯周病には予防・メンテナンスが
効果的です。

患者さんへのインプラントと入れ歯の提案をする時の基準を教えてください。

義隆院長:
基本的には、お口の中の病気を完全になくした状態で、インプラントを入れられるかというのを基準にしています。ですから、歯周病がきちんとコントロールできる患者さんに「噛みたい」という願望があれば、インプラントはおすすめですね。

将隆先生:
私は主に入れ歯を担当していますが、両方共に治療が可能な場合は患者さんのライフステージに合わせたご提案をしています。患者さんがその後の人生をどのように送りたいのか、というのが非常に関係していると思います。
インプラントを一生持たせたい、今のところは入れ歯でもう少し歳を取ってから考えたい、などの様々なケースがあります。また、現在は認知症の問題がかなり大きくなってきており、ご自身でメンテナンスができなくなることも考慮しなければなりません。ですから、患者さんがメンテナンスを定期的に受けられるかどうかというのが重要です。当院も患者さんと一生のお付き合いをするつもりで治療を行います。もちろん、入れ歯も悪いわけではなく、しっかりとした治療を行えば、充分に咬める患者さんは多いですよ。ですから、これらのことを全てお伝えした上で、どの治療を行うかを決めていただいています。

義隆院長:
定期的なメンテナンスが可能で、それに理解のある患者さんがもし医院に通えなくなった場合は、私たちが訪問してメンテナンスを行える環境が整っている患者さんにインプラントをお勧めしています。可能な治療は全てご説明・ご提案し、患者さんに決断をしていただいています。

患者さんとのコミュニケーションを大事にしている>

貴院のスタッフ構成を教えてください。また、診療をするにあたってご家族での医院経営が活かされていることはございますか?

義隆院長:
歯科医師が3人、歯科衛生士が4人、受付・助手が3人です。クリニックを開院するにあたって家族でよく話し合って基本理念を決めました。家族それぞれが慣れ合いにならず、常に向上・研鑽することができるよう努めています。

将隆先生:
家族ですから、本当にアットホームな雰囲気で仕事ができていると思います。例えば、担当のドクターが休みであっても、代わりの兄弟の歯科医師が患者さんのことをしっかりと理解した上でのご対応をしています。
また、それぞれ専門が別々の3人の目で診ているため、すぐにセカンドオピニオン、サードオピニオンを聞くことができます。これらの点が、診療を受ける時の患者さんの安心に繋がるというご意見をいただいています。

チーム医療により、安全性の高い治療を
提供しています。

患者さんとのコミュニケーションで心がけていることを教えてください。

義隆院長:
歯科医師と歯科衛生士を担当制にしており、治療とその後のメンテナンスを患者さんと一生お付き合いできるような環境作りを意識して行っています。また、初診の時に問診の時間をなるべく多く取り、しっかりとしたコミュニケーションの時間を取ってから治療に入っています。

将隆先生:
先代院長の父も患者さんとのコミュニケーションを大事にしており、ある意味、患者さん目線を大切にする歯科医師っぽくない人柄が人気の理由でした。初診は特に不安や緊張を覚える方が多くいらっしゃるため、まずは安心していただくことを重視しています。ですから、たとえ飛び込みの方でも、初診で患者さんが一番強く悩んでいることをできる限り解決する、もしくは診査・診断をして次に繋げることを心がけています。

症状・治療についてわかりやすく説明します。

義隆院長:
また、受付でも患者さんの症状を伺っています。 さらに、治療が難しい、治療期間が長くなるケースでは、一生メンテナンスに通っていただきたい患者さんに対して、最初の段階で治療計画とともにコンサルテーションの時間を治療とは別に取るようにしています。

ご不明な点があれば、気軽にご相談ください。