iTero 口腔内3D光学スキャナ

当院ではインビザラインをご希望のみなさまへ特にiTero(口腔内3D光学スキャナ)を使用した快適で高精度な測定を行っています。

光学スキャナなので、レントゲンのように被ばく量を気にする事なくどなたでも安全にお口の中の歯型の測定を行えます。

高精度な光学スキャナという利点を活かして、マウスピース矯正だけでな歯の裏側で行う舌側矯正にも使用した従来の矯正治療にも活用する事が出来るので、矯正治療をご希望の方へ幅広く活用していただけます。

光学なので快適

歯科医院での歯の模りは印象と呼ばれる粘土のようなものがまだ一般的ですが、このiTeroを使用する事でその印象は一切使用せずに模りを行えます。

あの印象の感覚が苦手だった方も多いかと思いますが、インビザラインについてはこのiTeroを導入しておりますので安心して快適に治療を行う事が可能です。

特に嘔吐反射がある方にとっては非常に有効な3Dの光学スキャナです。

スキャニングした画像はモニタで確認する事が可能で、歯科医師の説明を実際の3D画像を見ながらうけることが可能です。

精密な測定が可能

印象はシリコンが材質ですが、柔らかいシリコンを噛みしめて歯型を作成します。

その柔らかさゆえに、微妙な歪みが発生し高精度のマウスピースを制作する場合の妨げになる事があります。

光学スキャナーのiTeroは印象と比較しても非常に高精度な歯型のデータを採取することが出来ます。3Dデータですのでインビザラインのコンピュータシュミレーションに最も必要な情報を高精度で取得できるので治療結果そのものにも影響してきます。

治療を早く進める事が可能

印象との違いは精度だけではありません。歯型を取ってシリコンが固まるまでの時間がiTeroにはかかりません。

スキャニングしたデータはそのままインビザライン社へ送信され、最短でマウスピースの制作がスタートします。特に治療開始時には1週間から2週間も差が出ると言われています。